それがどうした・・

パソコン壊れた・・・

表題そのまんま、パソコンが壊れました。

メインに使っていた自作パソコン・・・

最初の症状は、モニターが映らなくなり、強制終了、再起動を繰り返していると、復旧していたのですが

ついに、電源が入らなくなりました。

 

今一番困っているのは、壊れたパソコンでやっていた、動画の編集ができないことです。

 

無料のソフトで編集していたのですが、できなくなりました。

したがって、11月4日のオレンジでのライブ以降は、youtubeにUPできません。

 

なんとか無料のソフトで対応したいと思っているのですが・・・

 

今、これを書いているパソコンは、もらいもののノートを使用しているのですが・・・

 

壊れたパソコンのデータは、おかしな兆候が現れてから、外付けのハードディスクにバックアップしておいたので、ダメージはないのですが・・・

 

・・・・買おうかな????

 

それがどうしたですな。

 

 

出雲と伊勢

出雲大社では、観光案内所で、ガイドさんの案内を申し込んで、出発時間まで、参道入り口付近をブラブラ・・(9/20)

 

古い電車(テレビドラマで使用した実車両があった)で写真撮ったり、大きな、石の鳥居で写真撮ったり・・・

 

誰かから説明聞かないと、さっぱり印象に残らない。

 

大きな石の鳥居も、あとからガイドさんに説明を聞くと・・・

出雲の事業に大成功した人が個人で寄贈した鳥居とのこと。

鳥居の裏の寄贈者のところに、一名の個人名が、彫られていたので、ちょっと違和感を覚えていたのですが、大金持ちの仕業?だった。

 

ガイドさんに連れられて、2時間の大社巡り、いろいろな逸話を交えて説明を聞いて、感心したり、納得したり・・

でも、ほとんど覚えていない。

説明聞いても一緒やん!と自分で突っ込みいれて・・

 

それでも、印象に残っている、ベスト3。

 

・・・どぅるるるるる(ドラムの音です)・・・・ジャン!

第3位:鳥居の材質:出雲大社にある鳥居は石とか金属。

    石、銅、鉄、鋼との説明・・・このガイドさん、鉄と鋼の違い、分かってるのかなぁ?

    質問するのも、いじわるだと、思った瞬間、第三位!

    伊勢神宮は、すべて木で塗装もなし、落ち着いて、いい感じだったのですが・・

 

・・・どぅるるるるる・・ジャン!

第2位:参道両側の店。

    観光に力入れているというか、観光で食っていくぞ!の気持ちが伝わってくる。

    神事を行う場所に、商売が密接している感が強い。

    もう少し離れたところで商売すればいいのに、と思った瞬間、第二位!

 

・・・どぅるるるるる・・パッパカパーン、パパパ、パッパカパーン、ズドン!

第1位:態度悪い巫女。

    ガイドさんと別れて・・

    出雲大社といえば縁結び・・ということで、娘のために絵馬を奉納、と思い、

    絵馬の売り場へ。

    5人くらい巫女さんが絵馬の売り場にいて、

    女房殿が買うのを後ろから見ていたのですが、

    その巫女さん、下向いたまま顔も上げないし、お客の顔も見ない・・・

    膝の上でスマホをいじっているようだ。

    バイト巫女だろうが・・・

    大社側も、ちゃんと面接して、教育してから実務につかせてんのかぁ?

    

    質問には答えているものの、絵馬を手渡すでもない。

    女房殿が巫女の目の前にある絵馬を指して

    『これ持って行っていいですか』『どうぞ』って・・・

    

    何じゃこりゃ!怒鳴りたい気持ちを、縁結びの御利益がなくなるかもと思い、・・

    怒りを抑えた瞬間、第一位!

 

なんだかなぁですが、比較するものではないでしょうが、私としては、天照大神を押す、

はらたいらさんに、5000点ですかね。

 

でも、参道横にある、竹内まりやさんの実家の旅館、写真3枚とりました。

 

参道横のお店で買い物して・・・(なんだかんだ言っても買ってしまいますが)

 

次は足立美術館へ、ナビ様、よろぴく。

 

     

イノシシに触るな!って・・???

北九州ですかね、

砂防ダムに迷い込んだ(落っこちた)2頭のイノシシを助けたいが・・

触ると、何とか法に抵触するので,

寄ってたかって、触れないようにして助けようとしているけど・・・

 

イノシシに触らなきゃ、何やってもよい、という法律??

 

触らないで檻に入れて・・砂防ダムから引き揚げようとしている。

 

この何とか法を、取り締まっているのはどこの省庁か知らないけど、

あれでいいんですかね。

 

あれでよいのだったら、世の中、おかしいと思いますが・・・・

 

本当に、自然にしなければいけないというのであれば・・

砂防ダムに落ちたイノシシは、見殺しにしなければならないし・・

それ以前に、自然界ではありえない、砂防ダム自体が罰せられるべき・・

人間が作ったものはすべてが自然ではないのだから、

人間の営みを類人猿時代にしなければ・・・

 

なんてことを言いたいのではなく、触らなければよいんだとか、決めごとを曲解して、

妙な事するより、ちゃっちゃと、砂防ダムから救出してやるのが、

一番自然な気がしますが・・・

 

触らなければ、檻に入れて・・・いいんですか???

 

やっぱりおかしいでしょう!

 

 

出雲へ・・・

ナビ様に頼り切って、宇部から出雲へ・・・(9月20日)

 

ネットで予約した、ナンチャラというホテルへ、ですが・・

ナビ様はナンチャラというホテルそのものは認識していなくて、住所で目的地を設定したのですが、

目的地に到着しました、案内を終了します。と突き放されてしまいました。

 

動物的勘で車を進めて、見通しの良いところで見渡すと、ナンチャラホテルの看板あり、無事到着。

 

ナビって、最後の最後で突き放しますよね。

こんな時にスマホがあれば、ちゃっちゃとネットで検索して道案内してもらうのでしょうが、

私はスマホがない(携帯も持っていない。参ったか!この野郎!)。

女房殿はスマホは持っていても、使い方が分からない、

・・・こんな時は不便・・・というか、スマホでちょっと文句あります。

 

スマホを持っていないものは人にあらず!という風潮ありませんか?

何をするにもスマホ、スマホ・・・

スマホでアプリをダウンロードして・・・

 

ハァ?!・・私、スマホ持ってないのですけど!持ってないといけないんですか?!

 

という、まさにそれがどうしたになってしまったので、おしまい。

 

この日は、夕食とってホテルの温泉につかって寝るだけで、翌日いよいよ出雲大社!

 

本もらって・・

バンドの仲間が、もともと出版関係の仕事をしていて、リタイヤして・・・

本を出した・・・のを、もらった。

それを読んでいるうちに、自分も、いろいろ思い出してきた。

 

その1.

実は、私も、本を出したかったときがある。

 

 

小学校卒業した時の 中学3年の春休み。

原稿用紙を買って、書き始めた。

 

出てくる人物は、当時の人気スターの舟木一夫とか本間千代子とかの名前をいただいて、

主人公、一夫、その女友達、千代子・・・友人、幸夫、輝彦、明、小百合・・・

 

・・・

 

高校入学前の春休みに友達数人でボートを作り、遊んでいるうちに嵐に巻き込まれて、たどり着いた無人島で・・・

 

その無人島を探検して見つけたのが、・・戦艦大和。

沈没しないでこの無人島に流れ着いていた・・・。

 

都合の良いことに、船に詳しいヤツ、力の強いヤツ、電気に詳しいヤツ、・・

必要な人材が、全部います。

都合の良いことに、必要な資源が調達できます・・

 

こうして、修理をした戦艦大和が、無人島を出ていく・・・

 

無人島を出て、何をするつもりだったのか、わかりませんが・・・

 

これだけは信じてほしいのですが(再度強調!)、これを私が書いたのは、1964年頃のことです。

 

松本零士さんの、宇宙戦艦ヤマトは1974年。

宇宙戦艦ヤマトの十年前のことです。

 

松本さん、俺の原稿用紙、見たんじゃねぇ????

そういえば、あの原稿用紙、どこに、行ったのだろう???

 

戦艦大和がよみがえるというアイデアは、松本さん(なんだか親しい人になってますが・・)より、私の方が、絶対に早かったのになぁ・・・・

 

が、まさに、それがどうした・・ですが・・・信じてくだっせ!

 

 

 

宇部蒲鉾

宇部市で一番大きい(と思う)井筒屋のデパ地下で、旅のお土産を買うことに・・(9/20)

 

宇部蒲鉾って有名で、あれもこれもおいしそうで、身近な親戚に送ったり、自宅用に買い込んで・・・

支払いの時、金額を見て、クラッとめまいがしたのですが、心強い楽天カードで、窮地を切り抜けようと・・

 

その店のサービスで、スタンプカードと、購入日の翌日から使用可能な金券1500円分をもらって・・・・

でも、明日から使用可能といっても、もう、なかなか横浜から宇部くんだりまで蒲鉾を買いには来ないしと思いながらも、しまい込んでいたら・・

 

店員のおねえさんが、先ほどの金券使いますか?と聞いてきた・・・

あれ?使用できるのは明日からでは?と尋ねたら、本当は明日からですが・・・

ということで、金券を使用したのですが、

 

その店員さん、蒲鉾を送るときのあて名書きの送り主の住所を見て、私が横浜のヒトだとわかっていての心遣いしてくれたのです。

 

ちょっとうれしい気持ちになったのですが、噂では、来年、この井筒屋、なくなってしまうとか・・・・

 

子供のころは、『ちまきや』という名のデパート?だったのが、井筒屋になり・・そしてなくなる・・

 

ちょっと寂しい気持ちにになりつつ、保冷袋に保冷剤と蒲鉾詰めて、

次の目的地、出雲大社へ・・・・ナビ様、ヨロピク。GO!

 

 

運動会で・・・

運動会、孫より多い、ジジとババ

玉入れで、白うまいなと、ジジの声

運動会、ジジのカメラは一流品

運動会、三脚一眼、ジジ出番

運動会、母(おや)と娘(こ)とババ、同じ顔

 

運動会、母(おや)で納得、子の体形

運動会、感動すると、孫で知り

 

運動会、ひと塗り濃いぞ、PTA

 

季語が入ってれば俳句か??

川柳じゃないのか??

 

よくわからん。どっちでもいいじゃん。

 

ライオン岩

生まれ育った炭坑部落は跡形もなくなっていましたが・・・・しかも、草ぼうぼうで近くにも行けない状態になっていました・・・・

 

小学生高学年のころ、家の近くの海岸を毎日走っていました・・・目的はなんだったのでしょうか?

 

走る目標にしていたのが約600mくらい離れたところにあるライオン岩でした。

往復休まずに・・砂浜を全力を出し切る走りをしていたのですが・・・

 

再度になりますが、目的は何だったのですかね・・・

 

そのライオン岩は残っていました。 ライオンですが、雌のライオンです。

ネコじゃないですよ。ライオンです。

 

山口県の宇部ってどこにあーるか?

2018年9月20日

まず、山口県ってどこにあるか、わかる人?

ましてや、宇部ってどこ??

 

ってとこが、生まれ故郷でして・・・・

 

生まれ育った部落(落盤事故でつぶれた炭坑の社宅)そのものがなくなっている感じで、

すべてが草ぼうぼうで、入っていこうという気力もわかない、小雨の日でした。

 

それでも、すぐそばの海は、当たり前ですが、ありました・・・様変わりしていましたが・・・

 

海が荒れた翌日の朝は・・

早く起きて、海岸に打ち上げられた食べることができるものを、とりに行きます。

 

ナマコ、タコ、名前も知らない魚、ウニ、カニ、ワカメ、ノリ・・・

あとは石炭とか木・・・良い石炭は軽いので浜に上がってきます。

 

自給自足生活だったですね。

 

極貧でしたから、好き嫌いは全くないです・・食べることができるもの(毒ではないもの)は、何でも口にしていました。

 

すすきにも、オスとメスがあって、メスの中でも、ヒメと呼ばれるものがあり、

それは、外皮をむいて一目見れば、すぐわかります。

きめが細やかで、きらきら光ります。

 

この、ヒメは、噛むと甘い汁が出てきます・・・それを口いっぱいにほおばって、

くちゃくちゃ、くちゃくちゃ・・・チューインガムです。

 

ハハ!まさにそれがどうしたですな。

 

 

 

こんぴらさん

9月19日(水)

ホテルを8時ごろチェックアウトして参道口に一番近い駐車場に車を止めて、いざ、金毘羅さんの階段へ。

 

無理をしないで、マイペースで・・・・

 

やはりここにも、C国の方が多かったです。

 

駐車場に常備してある杖を借りて・・杖って役に立ちますねぇ。

 

御本宮(785段)でお参りをして・・奥社(1368段)へ向けて進むと、

ほとんどの人は、御本宮でお参りすると戻るようで、奥社への道はほとんど人がいません。

 

もちろんC国の人は全くいません。

 

御本宮の横に大きな木があって、女房殿はその木にパワーを感じたらしく、両手を広げて手のひらを木の幹にあててパワーを吸収していました。

 

しばらくすると、女房殿、急にせき込み始めたので、振り返ってみると・・・

 

さっきの木のパワーにやられた、悪霊が女房殿の口から出てくるところが、私には確かに見えました。

 

エクソシストの少女の口から出てきたようなヤツです。

 

私には、確かに、見えました。

 

御本宮から奥社に向かう道の、御本宮の右横の道路の真ん中に立っている大きな木です。

新たなパワースポットになるでしょう。

行ったときには、パワーを吸収してみてください。

 

御本宮から奥社への道で感じたのは・・・

奥社へ向かう人は、登山者と一緒です。

すれ違うひとに、おはようございます、とか、こんにちは、とか挨拶します。

 

昔、山に登っていたころを思い出しました。

自然にあいさつしてしまいます、お互いに・・・

 

御本宮までは、すれ違う人に挨拶しようなどとは思いもしません。

今度行くことあったら確認してみてください。

 

下りは、登りより、楽です。

 

0段まで下りて、お土産買ったり、

 

登るときに途中で気になっていた、金丸座(日本最古の歌舞伎小屋)を見学して・・

 

次は、山口県の宇部へ向けてGO!

 

 

鳴門の渦

9月18日(火)

ナビに導かれて新東名自動車道で、四国へ・・・

あと少しのところで、ガソリンがなくなりそうなので、高速道路を降りて、ガソリンスタンド探しですが、ここでも、ナビが活躍。

 

周辺施設のメニューからガソリンスタンドを選択して、検索、で近い順にガソリンスタンドが出てきて・・一番近いガソリンスタンドでガソリン補給して、再出発。

 

ちょっとロスタイムあったものの、目的地、大鳴門橋遊歩道渦の道(鳴門大橋の歩行者用道路を歩いて渦潮の真上付近から渦潮を見ることができる)に、満潮前に到着し・・・

 

ハイシーズンではないので、混雑はしていないものの、渦の良く見える窓のところには、

C国の方々がいて・・・そんな時には、その場所は、あきらめるしかないことはわかりきっているので、N国(日本)の人のいる窓に行って、交代で渦を見るということにしたのですが・・

その渦は、下の写真・・・・

大迫力の渦潮!!!ですが、・・・・これは、飾ってあった写真を写したものです。

イェイ!・・・?

 

潮が中潮で、大潮でないため、実際には、渦があるといえばある・・・

実際の写真は下です。

これが私の見た鳴門の渦です・・・

やはり大潮の時の渦を見てみたいものですが・・

 

ま、私にとっては、初渦で、・・・

まあ、良かったです。

 

鳴門大橋の近くのお店で、

讃岐うどんを食べて、

 

次の目的地、こんぴらさんへ!

 

ナビ様、ヨロピク!!!

 

 

ナビ、スゴイ

9月18日からちょっと車で旅行したのですが・・・・

四国、山口、島根、鳥取、4泊5日・・・・

 

軽4、デイズルークス・・・よく頑張りました。

この車での長距離(計画時走行距離2152Km)走るのは、初めてだったのでちょっと心配だったのですが、トラブルなしで、良かったです。

 

それより、カーナビ様様でした。

行き先をインプットしてあとは言われるままに・・・

特に高速道路の分岐とか、まったく予備知識なしで、案内通りにいけば、目的地に着いてしまいます。

 

したがって、どこをどう通ったかは全く分かりませんが・・・目的地には着きます。

 

サービスエリアでも、昔は、高速道路の地図を無料で配布していましたが、

今は、地図なんてどこにもありません。

 

カーナビ、えらい!

というか、無人運転って、ちょっと抵抗あるヒト多いかもしれないですが、

実用化されて、使ってみると、いがいと早く受け入れられるのではないでしょうか?

 

使ってみないとだめでしょうが・・・

食わず嫌いのヒトには、だめですけどね。

 

 

やったぁーーー!

大坂なおみ、全米で、優勝です。

『日本人』初!!

 

放送は、有料のWOW WOWだけなので・・・ニュースのハイライトか、

あとからYoutubeで見るしかないのですが・・

 

ネットの速報ページを開いて、パソコンで動画の編集しながら、経過を確認していました。

 

やりましたねぇ。

 

錦織も、ジョコビッチに敗れはしたものの、全米でのベスト4!

これも、日本人初!

 

私も、もうちょっと、テニスクラブへの参加率、たかめようっと!

そうすると、おなかも引っ込むと思う・・・けど・・・

 

次は・・・

次はどこだ・・

レスリング、ボクシング、女子体操、(男子は?)・・・・で、次は??

騙されないように・・・

77歳の女性のところに、裁判員制度の裁判員に選任されたので、裁判員番号の電話連絡があった。

その後・・・その裁判員番号が悪用されて、77歳の女性に疑いがかかっており、疑いを払しょくするために、お金を振り込むように連絡があったため、その女性は、お金を振り込んだらしい。

 

この話は、どう見ても、振り込め詐欺なんですが・・・

 

私が驚いたのは、77歳の女性が振り込んだ金額です。

10万や20万円ではないのです。

な、なんと、2000万円以上!

 

あっ!

やっぱ、我が家は貧乏だったんだ!

うすうす気づいてはいたのですが・・・・そんな金額準備できねぇ!!!

 

犯人も馬鹿じゃないから、うちに持ち掛けてくるときには、それなりに低額を提示してくると思うのですが・・・

 

騙されないようにしようっと。

 

というか、だますなよ!と思いますが・・・・

 

振り込め詐欺がなくなりますように!って絵馬でも書きますかね。

 

主人がいなくなる・・・絵馬の結果

先日、ライブの時に、来てくれたバンド仲間のひとと、めぐみーずのホームページの、

以前ここに載せた、”主人がいなくなりますように”という絵馬の話になって、

あれどうなった?と質問を受けました。

 

私の中では、完結していたのですが・・気になっている人いるということで、その結果です。

 

後日、その絵馬のかかっていた神社に行ったのですが・・・

その絵馬は、もうありませんでした。

 

推測1:願い通りに、ご主人がいなくなった。

    

    願いが叶ったのだから、良かったじゃん・・とは言えない結果です。

 

推測2:主人がいなくなってしまえ、と思う気持ちがなくなった。

    いなくなってしまえと思う気持ちは、ご主人の何かに問題があったのでしょうが、

    その問題がなくなって、結婚した時のように、仲良くなったので、

    いなくなってしまえとという絵馬を奥さんが取り外した。

    

    これが、一番ハッピーな結末だと思います。

 

だが、しかし、です。

世の中そんなに、甘くないです・・・そんなハッピーな結末は、物語ではない限りないのでは?

と思います。

一番現実的な、私の推測です。

 

推測3:このご主人は反省もなく何にも変わらず・・・奥さんも、主人がいなくなりますようにと、

    ずっと思っているのではないでしょうか?

 

    で、なぜ、この絵馬がなくなっていたかというと、神社の人がこの絵馬をみて、

    本来の絵馬の趣旨と違うんじゃねぇ!と判断して、取り外したのではないでしょうか。

 

なんとも、後味悪い結果(推測)ですが、世の中、そんなもんじゃないですかね。

 

この奥さん、すべてを試練と受け止めて、前向きに生きるしかないのでしょう。

 

って、おまえできるんか?!

 

きっぱり即答です。『できません!』 ちゃんちゃん。

 

イーサンは、やっぱりすごい

やはり、あのイーサンは、すごかった。

まず、死なないとはわかっていましたが、けがもしない。

オートバイでハイスピードで逃げる途中で車ともろに衝突して舗装道路に投げ出されて、何回転かして、・・・・

日本ではあのような事故では普通死亡事故ですが、・・・

さすが、イーサン!事故直後は、さすがに足を引きずっていましたが、何分か後には、普通になってました。

 

イーサンの友人(女性)もすごかった。

棒のようなもので顔面に一撃食らって、失神したのですが・・・・

何分か後には・・・目のわきに赤い傷口はあるものの、普通になってました。

日本では、あの一撃では、顔面はれ上がって、傷の箇所が、打撃ポイントだとすると、

目のわきの頭蓋骨、粉砕骨折ですね。

でも、彼女はすごかった。

 

ヘリコプターには、イーサンがぶら下がるためのような、ロープがついていて、もっともらしくその先には必然性のない(必然性あったのかなぁ?)得体のしれない荷物がぶら下がっていたのですが・・・

やはり、イーサンがそのロープにぶら下がり、飛行中のヘリコプターでの空中で戦うことになりました。

 

と、突っ込みどころはいっぱいあって、私は、クスッと笑ってしまうところありましたが・・

 

次回作、また見ようっと!ミッション・イン・ポシブル!

 

100%個人の感想です

これは、わたくし個人の、感想です。(他意は全くありません)

 

アマチュアボクシングの会長さん問題でテレビをつければ必ず出てきます。

 

暴力団から脅されたということなので、脅したとされる元暴力団組長のインタビューの映像をテレビで見たのですが・・・・・

 

あれっ!どっちが暴力団????って・・

 

片方は後ろ姿ではあったのですが・・

 

これ、100%私個人の感想で、他意は全くありません、です。

 

これって、め○”ちゃん太った?と同じく、言ってはいけないことなのですかね。

 

 

たられば、ればたら、ればたら、たられば

W杯、ベルギーに負けた試合、たら、れば・・

その1:ヘッディングで同点にされた場面

・日本のゴール前に攻め込まれて、誰かがクリアしたのですが、ちょっと会心のキックではなかったような・・・。

もしあのクリアがもっと遠くに飛んでいれば・・・

その2:その、クリアされたボールをベルギーの選手がヘッディングで得点したのですが、

ヘッディングするときにちょっと近くにいた日本選手が届かないまでも、ボールめがけてヘッディングしようと跳んでたら・・・ベルギー選手のヘッディングのコースがちょっとずれたかも・・

その3:本田選手のフリーキックが、枠を外していたら・・・コーナーキックにならなかったし・・

 

・・なんて思ったりしましたが、日本が負けてしまうと、一気にW杯に興味なくなって、

その後の外国同士の試合なんかまったく見なくなった、私は典型的な、にわかファンです、はい。